マジカルシェリーの履き方と効果的な使い方

マジカルシェリーと類似品の違い

骨盤ショーツは、他にも似たような商品がもあります。
どのショーツも骨盤、お尻、お腹に巻いて、腰回りを細く見えるように、最終的には歪みを整えることを目的にしています。
では、マジカルシェリーは何が違うのか?

調整ベルトがある

大きなポイントは、調節ベルトで締付け具合を変えられるということです。
骨盤はただ締付ければいいというものではありません。
圧をかける場所や圧力が大事になってきます。ましてや、なるべく長い時間身に付けることをおススメしているわけですが、極端に強い力で圧を加えた場合、血行不良を起こす場合があります。

また、体調やシチュエーションによっても使い分けなければならない時があります。

1.リラックスしたい時、就寝の時は緩めで。
2.運動するときは少しきつめで。
3.食事会、飲み会ではお腹の膨らみ具合に応じて調整したり
など。
こういった点からしても、圧を調整出来るというのは必要な機能と言えます。

カバー範囲が広い

マジカルショーツは太ももまでカバーしていることも特徴です。
これはお腹まわりだけでなく、太ももへの効果も狙っています。
骨盤を調整する場合、合わせて考えなければならないのが股関節です。この股関節を考えたとき、太ももまでショーツで覆うことは大事です。なぜなら、太もも付け根のリンパ節に効果的に圧を加えることができるからです。
股関節の付近までしか覆っていない場合、圧が分散し効果が低くなる場合があります。
股関節を含んだ広い範囲を覆うのか?そうでないのか?この効果の差は大きいです。

効果的な使い方


効果的な使い方は、なるべく長い時間身に付けていることです。
骨盤の歪みは、事故などで一瞬で強力な力が加わった場合は別ですが、一朝一夕に起こるものではありません。
例えば椅子に座ると脚を組むなどの生活習慣でのクセ。また右利き左利きでも歪んでいきます。
言い方を変えると骨盤が歪んでいない人はいない。のです。
また、歪みの予防として考えて使うのも有効的な使い方です。

時間をかけて歪んだものは、同じくらい時間をかけて修正するのが体に負担を与えることのない方法です。
ダイエットで、短期間で痩せる方法の場合、体に負担が掛かったりリバウンドする可能性があることを考えたら分かっていただけると思います。
焦らず、自然に結果を待つことが「急がば回れ」ではありませんが、結果的に効果的な使い方になります。

逆に、「時々しか着用しない。」「1日に間でも着用は2~3時間ほど」では殆ど効果は望めません。
なぜなら、歪みの調整よりも、歪みの原因になっている時間が多いからです。